初心者が信用取引を始める場合のコツ

強制ロスカットを過信しない

信用取引は現物取引と違って証拠金以上の損失が出る可能性があります。しかし追証によって投資家が破産に追い込まれるような事態は投資家にとっても証券会社にとって良い事ではないので、ほとんどの証券会社は損失が証拠金を上回る前に強制決算するシステムを採用しています。
これを強制ロスカットと言いますが、強制決済される事で安心してはいけません。もし急激な株価の暴落があった場合は売り注文を出してもそれが間に合わずに決済できた時には既に証拠金を上回る損失が出てしまったというケースもあります。そのため強制決済があるから証拠金以上の損失が出ないと考えて信用取引を利用するのは危険なので、リスクについてはしっかり理解して取引するべきです。

必要な時だけ使うべき

信用取引は追証が発生する可能性もありますし、そこまでいかなくても現物よりも利益と損失が急激に出てしまいます。証拠金以上の金額を取引できるので、上手く使えば投資の資金が少なくても投資の幅を広げられます。しかしむやみに使うだけではただ投機性の高いだけの投資になってしまいます。これではリスクばかりで利点がないので、信用取引を使う時はまず今使うべきなのかを慎重に検討してからにするべきです。
信用取引は一度損失が出ると現物取引と比べて一気に損失が出てしまうので、株価を長時間確認できないとわかっている時は一度決済すると良いです。長時間放置する事で損切りができずに大きな損失出すような事態を避けるには大切な事です。