初めてでも安心!信用取引の秘訣とは何か?

使ってますか?信用取引

株式の取引には現物取引、信用取引、先物取引など様々な形式があります。株式初心者にはこれらのどれも聞きなれない用語だと思います。今回は信用取引について解説したいと思います。
信用取引は証券会社が取引者を信用して、取引者が持っている以上の額の取引を可能にする方法です。ではどのような時に使われるのでしょうか。
例えば、10万円しか手持ちがなくても100万円を証券会社から借りて、100万円を資産運用して、手持ちの額以上の利益を得ることができます。
また、通常、株は安い時に買い、高い時に売りますが、株価の下落の時にも儲けることができます。これは株価が高い時に株式を売り、株価が低い時に買い戻すのですが、最初に売った株は証券会社から借りることで売ることができます。このように証券会社が取引者を信用してお金や株式を貸す手法を信用取引と言います。

信用取引で失敗しないためにはどうする?

信用取引は自分が運用している資産以上のお金を運用することができるので、うまくいっている間は何も問題ありません。
しかし、損失が発生した場合、損失分を支払うための追証が発生します。この追証を払うことができないような状態での資産運用はやめましょう。つまり、信用取引で一発逆転と考えるのではなく、余剰資金がある状態でやることです。追証を支払うために借金なんて笑えません。
また、必要以上に損失を作らないためには損切りのルールを明確にしておくことです。普通の株取引の場合、株価が下がった時、また元の値まで戻り、上がってくるのを待つことができます。しかし、信用取引では、取引期間が決まっていることや、株価が下落した際に証券会社が決済してしまう場合があります。そんな時、損切りのルールがあると損失をコントロールできます。信用取引はハイリスクハイリターンな投資法なので慣れないうちは手を出さないほうが無難でしょう。